ソープランドの裏側

ソープを選ぶ女性

ソープを利用しているとフッとある謎が浮かびます。
何故この女性はソープ嬢という道を選んだのだろう・・・
指名している嬢や、ネットで顔出ししてる嬢を見るとかなりの美人が多いです。
ソープ街で有名な吉原なんて見てください!
嬢のレベルが全然違います!
利用させてもらいながら余計なおせっかいかもしれませんが謎に迫りたいと思います。

ソープは大きく3種類に分かれます。
「激安店」「大衆店」「高級店」
見た通りですが、簡単に言えば「安い店」「普通の店」「高い店」
どのお店も共通して求人は各ソープ店がホームページで募集していたり、雑誌だと「コンパニオン」という名目で募集しています。
初めてソープで働くという女性はお店から講習があります。
ソープ界は見た目も大事ですが、男性を満足させる技術が重要視されています。
それは安い店でも高級店でも変わりませんが、高級店はさらにレベルの高いテクニックが必要とされます。
高いレベルが求められる行為を行うのですから、生半可な気持ちではソープ嬢と務めることはできません。

なぜソープ嬢?

1番の理由は高額なお給料
体を使う分短時間で大きな金額を稼ぐことができます。
お金に困っている人、短期間で高額なお金を稼ぎたい人などなど…
夢の為や生活苦の為と理由はさまざまですが、100%お金の為と言っても過言ではないでしょう。

ですがこの高額なお給料があるサイクルを生み出します。
ある程度仕事に慣れると、体を使うソープを楽だと思い込んでしまいます。
ソープを卒業しごく普通の企業に勤めたとしても、ソープ時代とは比べ物にならない低収入に嫌気がさしソープに戻ってくるという女性も少なくありません。
いわゆる出戻り。
それほどソープは高収入で働く女性からしても中毒性のあるお仕事なのです。

堕ちてはいけない穴

体を売ってこんな仕事を・・・!なんて偏見のある人もいらっしゃるかもしれませんが働く女性達にもそれぞれ理由があります。
働きたくなくても生活の為、夢の為仕方なく・・・という女性もいらっしゃるでしょう。
決して軽蔑してはいけません。
ソープ嬢と客
しっかり1線を引きオキニ嬢との時間をお過ごしください。